ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中
愛犬が食べてはいけない食べ物をわかりやすくご紹介

【愛犬が危険!?】犬が食べてはいけない食材わかりやすい<早見リスト>

  • 2022年12月31日
  • 2023年10月12日
  • 健康
  • 18view

元気だった愛犬が、夕方から嘔吐を繰り返して「どうして?」と困惑することもあります。
犬との暮らしの中では、愛犬にうっかり人の食べ物を盗み食いされることがあるからです。

「何を食べたか」でも気付いてからの対応は大きく変わってきます。
愛犬とご家族が「安心」「安全」に暮らせるようにお役立て下さい。

【愛犬が危険!?】犬が食べてはいけない食材わかりやすい<早見リスト>について

犬科は、以前は肉食と言われていましたが、近年の研究から「犬の祖先は雑食性」だったことが分かっています。

とはいえ、何を食べても犬は大丈夫というわけではありません。
やはり、犬にも食べてはいけないも「犬にとっては危険な食べ物」があります。

中には即効性のある「毒」となるものもありますから、そういった食材だけでもしっかり覚えておくことは飼い主としての責任でしょう。

例えば、一緒に暮らしているとうっかり愛犬に板チョコを食べられてしまうケースもあります。
食後の愛犬の様子を見ているといつもと変わらないので次第に気にかけなくなります。

しかし、愛犬の危険数量まで届かなかっただけで、じつは愛犬の体内では異常数値へ血液が変化していることもあります

*主な参考文献「わかる!ミニチュア・ダックスフンドとの暮らし方」(新人物往来者、三島毅 著)

「愛犬にとって危険な食べ物」五十音順

あ行

アロエ 犬が食べてはいけないアロエ
アワビ 犬が食べてはいけないアワビ
あんず 犬が食べてはいけないあんず
 
お茶の葉

か行

コーラ、コーヒー

 

犬が食べてはいけないものの中でもかなりタチが悪いのがカフェインやカフェインに似た成分を含む食べおのです。下痢や嘔吐、多尿、尿失禁、痙攣などの原因になります。特にチョコレートは、大量に食べると中枢神経を刺激する中毒を引き起こします。

さ行

砂糖  
里芋  

た行

玉ねぎ

 

犬が食べて反応する摂取量には個体差があります。含まれる成分により赤血球が変化し、最終的には赤血球は破壊されます。症状は貧血、嘔吐、下痢、血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大など。熱を通したり加工した食材でも影響を受けるので注意が必要です。
犬が食べてはいけない玉ねぎ

チョコレート

 

犬が食べてはいけないものの中でもかなりタチが悪いのがカフェインやカフェインに似た成分を含む食べおのです。下痢や嘔吐、多尿、尿失禁、痙攣などの原因になります。特にチョコレートは、大量に食べると中枢神経を刺激する中毒を引き起こします。
 
犬が食べてはいけないチョコレート

な行

長ネギ

 

犬が食べて反応する摂取量には個体差があります。含まれる成分により赤血球が変化し、最終的には赤血球は破壊されます。症状は貧血、嘔吐、下痢、血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大など。熱を通したり加工した食材でも影響を受けるので注意が必要です。
犬が食べてはいけない長ネギ

生卵

 

生卵に含まれるアベジンという成分は、ビタミンB7(ビオチン)に結合して、腸での吸収を妨げ、ビオチン欠乏症を引き起こします。
犬が食べてはいけない生卵

ニラ

 

犬が食べて反応する摂取量には個体差があります。含まれる成分により赤血球が変化し、最終的には赤血球は破壊されます。症状は貧血、嘔吐、下痢、血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大など。熱を通したり加工した食材でも影響を受けるので注意が必要です。
犬が食べてはいけないニラ

ニンニク

 

犬が食べて反応する摂取量には個体差があります。含まれる成分により赤血球が変化し、最終的には赤血球は破壊されます。症状は貧血、嘔吐、下痢、血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大など。熱を通したり加工した食材でも影響を受けるので注意が必要です。
犬が食べてはいけないニンニク

は行

ぶどう

 

ぶどうやレーズンは嘔吐、そして腎不全を引き起こす恐れがあります。
犬が食べてはいけないぶどう

ま行

マカダミアナッツ

 

中毒を引き起こす恐れがありあります。
犬が食べてはいけないマカダミアナッツ
犬が食べてはいけない桃

愛犬が食べてはいけない【危険】な植物

  • アイリス
  • 紫陽花
  • 朝鮮アサガオ
  • アマリリス
  • アヤメ
  • 月桂樹
  • サフラン
  • シクラメン
  • ジャスミン
  • チューリップ
  • ツツジ
  • ヒヤシンスの球根
  • ユリ

など

愛犬は生魚は与えない!

最近はサーモンや鮮魚をドッグフードの材料に使用するメーカーも増えています。

そんな流れからか魚を愛犬に与えることへの抵抗感が薄れています。

しかし、生魚はいけません!

生の魚にはビタミンを分解するチアミラーゼが含まれています。ビタミンB1を分解されることでビタミンの欠乏症を引き起こします。

愛犬に貝類は与えない!

アワビなどの貝類全般を与えない方が良いでしょう。

貝類が食べる海藻が貝の中で分解されて毒素が生み出されます。その毒素が皮膚病などの原因になります。

愛犬へ食べさせて良いのか?悪いのか?簡単な判断方法

 
Mishy

クライアントへのアドバイス

「愛犬の食べてはいけない物(与えてはいけない物)」については数多く質問を受けます。

私は「苦味があるもの」「灰汁がある物」を控えると覚えておけば概ね予防できます、と答えています。
あとは、ネギ類、モモ類(あんず、すもも、桃など)とパンなどにも入っているので「干しぶどう」を気をつけるようにお話ししています。

基本としては、この辺りのことを気をつけておけば、愛犬の食べ物による危険から守ってあげることができるでしょう。

ご参考にしてください!

 

愛犬が食べてはいけない食べ物をわかりやすくご紹介
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!