ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中
鹿肉が主成分のドッグフードであるドッグスタンスをご紹介します。

ドッグスタンス鹿肉主原料ドッグフードの魅力を口コミ解説!

鹿イラスト

鹿肉を主成分とした愛犬への食事やドッグフード【ドッグスタンス】の魅力について解説します。

 
Mishy
鹿肉の特性として牛肉と比べてタンパク質は豊富。それなのにカロリーや脂質は控えめです!
とっても老犬高齢犬おすすめできる栄養なんです!
そんな鹿肉を主成分として使用しているドッグフード【DOG STANCE(ドッグスタンス)】をご紹介します。
まずは下記の成分表をご覧になり驚いてください!

優れた鹿肉の栄養成分(100gあたり)

成分 エネルギー タンパク質 脂質 鉄分 ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12
鹿肉  119kcl  23.9g  4.0g  3.9mg  0.20mg  0.35mg  0.60mg  1.3qg
牛肉  294kcl  17.1g  25.8g  2.0mg  0.07mg  0.17mg  0.35mg  1.4qg

*農林水産省<ジビエの魅力>より

 

【シニア犬向け】鹿肉お試しトライアルセット 5点入りが「老犬の食べない」におすすめな理由

通常価格 ¥4,994 ⇨ ¥3,900(税込)

人気の鹿肉商品5点入って個別購入よりも1000円以上お得になります。

何よりも初めての時は「どれを選んでおくべきだろうか?」ととても迷います。

内容は、

  • 【ドライフード】鹿肉麹熟成・シニア 300g 入り 2袋
  • 【ウェットフード】鹿肉ウェット(馬肉・鶏) 130g入り 2袋
  • 【トッピング】鹿ピューレ 各10g 1パック10本入り

 

DOG STANCEこんなイメージです。

  • 主食としてドライの鹿肉ドッグフードを与えた方が良いのか。
  • 老犬・高齢犬に食べやすいウェットなドッグフードを選ぶのが良いのか。
  • ドッグフードは今まで通りにして、トッピングとしてピューレタイプを使うのが良いのか。

セットになっていると戦略が立てやすいと思います。

 

自慢の原材料はもちろん高品質

鹿イラスト

  • 国産の野生鹿肉が中心
  • 国産無添加の厳選素材を中心に使用 *全ての原材料が国産ではありません。
  • 国内工場で製造。低温・低圧調理で変性を防ぎます。
  • 着色料・香料・保存料は無添加です。

 

定期購入がお得!

お試しトライアルセット」であなたの愛犬にピッタリな商品が見つかりました。

次は「定期購入」をおすすめします。それは・・・

  • 定期購入に期間縛りはありません。
  • 20%以上お得になります。
  • 送料が無料になります。

 

DOG STANCE

なぜドッグフード【DOG STANCE(ドッグスタンス)】を信用できるの?

鹿肉フード販売では10年の実績がある発売元が、シリーズ累計2300万食を突破する実績を積み上げているからです!(2022年3月現在)

Rakuten(100件平均) 4.71
YAHOO(161件平均) 4.58
平均 4.65
 
 
Mishy
老犬になると食事を食べなくなる率は高まります!理由は・・・
  • 味覚・嗅覚の衰え
  • 歯や歯茎の衰え
  • 頑固になる

と【DOG STANCE(ドッグスタンス)】では判断して解決策を提案しています。

  • 穀物過多のドッグフードへの注意
  • シニア犬だからこそのタンパク質摂取量のアップ

2つの大きな課題として解決できる商品を開発しています。

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 麹熟成鹿肉

特に小麦・トウモロコシを注意原料としています。

確かに愛犬いよっては「軟便になるから思い切ってグレインフリーにしたところ硬いウンチをするようになった。」というお話も聞きます。

軟便は、腸の栄養吸収力が落ちてしまっている状態です。改善は前向きに取り組むのは良いことですね。

小麦イラスト トウモロコシイラスト

また「麹熟成鹿肉」は、「麹」と「鹿肉」のWパワーで食欲が落ちた老犬・高齢犬をサポートします!

 

愛犬に<ドッグスタンス老犬向け>を与えた私の口コミ・感想

最初に私が愛犬に与えたのは、ドッグスタンスの「腎臓サポート」でした。
愛犬が、肺水腫を患い、その後に薬の副作用としての腎疾患を発症した時でした。

なかなか食事を食べない子なのですが、ドッグスタンスの「腎臓サポート」はほぼ毎回食べてくれました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三島毅_動画BC/愛犬Camper/DoglifeCoach(@pawsambitious)がシェアした投稿

その後、別な愛犬が脳疾患を患い、与えたことがないタンパク質成分のドッグスタンスを「タンパク質」の主成分に考えて食べさせるようになりました。

腎臓サポートも一般的なウェットタイプも素晴らしい嗜好性です。

 
Mishy
オートミールのようにして与えていたので、粉末にしたドッグフードを半分、そしてドッグスタンスを半分に配分して与えていました。
愛犬の状態に合わせて配合が変わりましたが、結構長い期間を与えていました。
 

注意点

今回ご紹介した【DOG STANCE(ドッグスタンス)】の<【シニア犬向け】鹿肉お試しトライアルセット 5点入り>は1家族初回に限り購入ができます

そして、定期購入ではありません

適した商品が決まったら改めて定期購入をお申し込みになる必要がございます

お間違い無いようお願い致します。

 

まとめ

鹿肉の商品は、獣害の影響もあり今後増えていくでしょうし、評価も上がり続けると思っています。
そして、愛犬の寿命はどんどん伸びて長生きになっています。
どこかでドライのドッグフードをふやかす対処ではなく、ウェットのドッグフードに切り替えるタイミングも必要かもしれません。
最高齢は17歳のトイプードルだし、その娘も14歳になっている愛犬を持つ私も「ウェットへの切り替え」は常に熟慮しています。
そんな老犬・高齢犬の「食べない」、しかも夏時期に起きた「食べない」は「どうしよう」の考える余裕を与えません。
日々の対応が求められることでしょう。
その刻一刻と対応を求められるような緊迫した状況を想定すると事前に目ぼしい各ドッグフードを知っておくことはとても重要だと思います。
落ち着いて判断できる今のうちにトライアルセットをご利用なさっても良いのではとおすすめさせて頂きます。
 
 
DOG STANCE
 
関連記事

高タンパク質な馬肉を豊富に配合し、ヒューマングレードな原材料により本格的なドッグフードとして開発したのがドッグフード【馬肉自然づくり】です。 実際に調べてみると、良い口コミ~悪い評判までありました。 ここではあくまでも中立的な立場で嘘な[…]

馬肉自然作りの悪い口コミから良い評判までをまとめてわかりやすく解説しています。
 

<鹿肉>が気になる愛犬家が知りたい質問

ドッグフードの鹿肉ミールとは何ですか?

ドッグフードに使用される肉の成分です。
鹿肉ミールは通常、鹿の肉を加工し、水分を取り除いて乾燥させたもので、肉のタンパク質を高濃度で供給することができると考えられています。

鹿肉ミールの特徴と利点

  1. 高タンパク質: 鹿肉ミールはとっても高タンパク質で、犬のために必要なアミノ酸を提供します。

  2. 栄養価が高い: 鹿肉は通常、低脂肪で低カロリー、同時にビタミン(特にB群ビタミン)、ミネラル、オメガ脂肪酸(特にオメガ-3脂肪酸)などの栄養素も豊富です。

  3. アレルギー対策: 鶏肉や牛肉などの一般的な肉源に対するアレルギーがある犬であっても、鹿肉は新鮮な肉源として利用できることがあり、食物アレルギーの管理に役立つことがあります。

  4. 消化しやすい: 鹿肉ミールは通常、消化しやすく、胃腸の健康をサポートします。

  5.  

犬 鹿肉 何グラム?

犬の体重約0.45キログラムあたり、1日に約20〜30グラムの鹿肉を与えることができると考えられています。
*鹿肉に限らず、肉類全体に対しての考え方です。

適切な量の判断には、

  1. 体重に応じた量

  2. 年齢と活動量

  3. 健康状態

 

ベニソンとはどういう意味ですか?

「ベニソン(Venison)」は、英語で「鹿肉」です。
ベニソンは、一般的にはヨーロッパのレッドディア(ノロジカ)やファロー・ディア(シカ)の肉を指すことが多いです。
シカ科の動物の肉全般を指すこともあります。

 

ドッグフードの高タンパクとは、何%以上からですか?

「高タンパク」という言葉は、業界として一般的にはタンパク質の含有量が30%以上のドッグフードに対して使うことが多いです。(28%という数字を見れば、私は「多い含有量」と感じます。)

高タンパクドッグフードは

  • 活発な犬
  • 筋肉量を増やす必要がある犬
  • 成長中の子犬
  • 妊娠中の雌犬
  • 授乳中の母犬

高タンパク食品は、犬の筋肉の発達と維持、免疫システムの強化、健康的な皮膚と被毛の維持に役立ちます。

ただし、じつはタンパク質の含有量だけが重要なのではありません。タンパク質の種類、つまりアミノ酸の種類が多いほど、消化吸収した後で体への多くの働きを担うことができます。

 

ドッグフードの食いつきをよくする?

鹿肉は、犬にとって慣れ親しんだ香りではありません。
そこで鹿肉のドッグフードやウェットフードは強く惹きつけられます。

主食としなくとも、トッピングとして普段の食事に加えることは、愛犬の食べるきっかけを作る効果が期待されます。

  • ドッグフードを食べないときの対応
  • おやつを与えない
  • トッピングによって、 香りや風味をつけることで食欲を刺激*上に乗せる・混ぜて全体にいい届かせる2通りの方法
  • ドッグフードをふやかして香りを引き立たせる

 

犬が1日に食べる肉の適量は?

犬の体重約0.45キログラムあたり、1日に約20〜30グラムの鹿肉を与えることができると考えられています。

適切な量の判断には、

  1. 体重に応じた量

  2. 年齢と活動量

  3. 健康状態

 

犬は鹿肉を食べられますか?

犬は鹿肉を食べます。
鹿肉は、犬にとって高タンパク質で低脂肪な肉源として作用します。
ただし、以下の点に注意が必要です:

  1. 調理: 必ず適切に調理してから犬に与える。
    *生肉には細菌や寄生虫のリスクがある

  2. 適量: 鹿肉は高タンパク&低脂質ですが、適量が重要です。
    犬の体重、年齢、活動レベルに合わせて肉の量を調整します。与えすぎに要注意!

  3. アレルギー対策: 犬にも食物アレルギーがあります。食べ慣れていないタンパク質に対しては、その抗体が体内にないのでアレルギー反応が起きない可能性が高いと考えられています。

  4. 与え方: 鹿肉は、香りや風味が強く犬が喜ぶでしょう。ただし、適切な栄養食材と組み合わせることが大切です。

 

犬にタンパク質をあげすぎるとどうなる?

栄養とは、それを食する犬にとってどれだけバランスが良いか、必要なものが丁度よく摂取できるのかが重要です。不足は良くありませんが、過剰でも良くないことを知りましょう。

犬に過剰なタンパク質を与えた場合に考えられる心配事です。

  1. 腎臓への負担: 過剰なタンパク質は腎臓に負担をかける可能性があります。腎臓はタンパク質を代謝し、窒素の代謝産物を排泄する役割を果たします。過剰なタンパク質は、腎臓を疲弊させ、長期的には腎臓の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

  2. 尿路疾患: 過剰なタンパク質摂取は尿路疾患のリスクを高めることがあります。これには結石の形成や尿路感染症が含まれます。

  3. 消化不良: 過剰なタンパク質は、犬の消化器官に負担をかけ、消化不良の原因となります。これは下痢や嘔吐などの消化器症状を引き起こす可能性があります。

  4. 肥満: タンパク質はカロリー源でもあります。過剰なカロリー摂取は肥満のリスクを高め、将来的な愛犬の健康に影響を及ぼすことがあります。

  5. 他の栄養素の不足: 過剰なタンパク質を与えると、他の栄養素の不足が発生する可能性があります。バランスの取れた食事が重要であり、タンパク質だけに頼ることはキケンです。

愛犬のタンパク質の適切な量は、犬の・・・

  • 年齢
  • 体重
  • 活動レベル
  • 健康状態

などによって考えられるべきです。
そういった点において、ドッグフードは犬のバランスの良い栄養を満たすためにバランスよく調整されています。

 

ドッグスタンス 詳細はこちら

鹿肉が主成分のドッグフードであるドッグスタンスをご紹介します。
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!