ドッグフードは特徴を添えてご案内      お散歩や運動管からドッグフードを考えるポータルサイト     あなたと一緒に愛犬を守りたい       オリジナル「しつけ」メソッドも公開中
プレミアムドッグフードのモグワンとペルシアを比較してそれぞれの特徴を解説しています。

ドッグフード【ペルシア】と【モグワン】を5つの項目で詳しく比較!

人気のプレミアム・ドッグフードである【ペルシア】と【モグワン】を5つの項目で比較してみました。

今回は、ドッグフードを購入する際に基本となる「1.料金」「2.成分の特徴」「3.ドッグフード粒情報」「4.対象年齢&対象犬種」「5.食いつき」を徹底比較しています。

両製品の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

\累計販売総数350万袋達成!/モグワンの公式サイトはこちら

 

\考案「フードローテーション」/ペルシア【公式サイト】はこちら

 

【ペルシア】と【モグワン】を5つの項目で比較しました!

 
ドッグフードのモグワン
1.料金 比較 1袋の料金、配送料、まとめ買いなどの料金で比較しました。
2.成分の特徴 比較 ドッグフードの持つタンパク質含有量や補助成分の配合による特徴を比較しました。
3.粒情報 比較 ドッグフード粒のサイズや密度、その形状などを比較しました。
4.対象年齢&犬種 比較 それぞれの商品が対象としている犬の年齢や犬種などを比較しました。
5.食いつき 比較 ペルシアモグワンを食べる犬たちの嗜好性である「食いつき」を比較しました。

上記の5つの項目で、【ペルシア】と【モグワン】を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.【ペルシア】と【モグワン】を料金で比較!

※税込み価格 ペルシア モグワン
1袋あたりの料金 5,980円 4,356円

定期まとめ買料金

定期購入2個

割引率 15% : 15%

9,980円 7,404円
内容量 850g✖️2 1,8kg
100gあたりの価格 351円 242円
基本 配送料 770円 704円
配送料無料 条件 1購入が4袋以上 1購入税引10,000円以上

2.【ペルシア】と【モグワン】を成分の特徴で比較!

ペルシアは、4シリーズです。

  • オールミックス
  • ビーフ
  • チキン
  • ライト
  ペルシア モグワン
タンパク質
  • チキン/魚肉
  • ビーフ/魚肉
  • 牛肉/鶏肉/馬肉/豚レバー/魚肉
  • チキン(鶏)
  • サーモン
タンパク質含有量

23%~28%以上

27%以上

動物性タンパク質 含有量  *注1

未公表 50%以上

配合補助的栄養成分

クコの実

*薬膳効果100種類以上の栄養を含む

  • アミノ酸
  • ビタミンB群
  • 鉄分
  • カルシウム

 

オリゴ糖

 

 

ラウリン酸

クエン酸

リンゴ酸

ポリフェノール

オメガ3必須脂肪酸

ココナッツオイル

【注1 解説】 ドッグフードの「タンパク質」は、チキンなどからの「動物性」、そして大豆や小麦などの「植物性」の2種類あります。ドッグフードの種類は、主に主成分として使用されている肉類によってラム、チキン、鹿肉、ビーフなど多種に分けられています。しかし、主成分の肉類+穀物などの植物性タンパク質=含有タンパク質割合となります。

モグワンなどを販売するレティシアン製品がメディアで提示している「動物性タンパク質50%以上」といったメッセージは、ドッグフードに表示されるタンパク質割合の「〇〇%」の半分(50%)以上がチキンやサーモンで賄われています、という意味になります。

 

 
Mishy
私でも混乱する、少々わかりにくいポイントですね!

3.【ペルシア】と【モグワン】を粒情報で比較!

※税込み価格 ペルシア モグワン
サイズ

10mm

10mm
形状 円柱形 ドーナツ型
密度

軽圧縮

*低温加熱製法

高圧縮(ぎっしり)
イメージ ドッグフードのモグワン粒

ペルシアのドッグフード形状「円柱形」です。

ペルシアのドッグフード粒は柔らかいというか軽いです。

低温過熱製法で時間をかけて製造している上にノンオイルコーティングにより外部からの水分の吸収性が極めて高い構造になっています。

つまり、とてもふやけやすいです。

口腔外科、歯の本格治療をした術後ケアや歯を全部抜歯した愛犬。

シニア世代に入る愛犬には、飲み込みやすく、消化が早いので体に負担がかからずとても良いでしょう。

また、ペルシアを2種類以上混ぜることで愛犬個々の体質やコンディション、タイプに単体ドッグフードよりも適合させることができます。

モグワンのドッグフード粒はとても硬いです。

ダックスフンドやパグ、フレンチブルドッグなどの食欲旺盛の犬種には最適だと思いますが、老犬などの歯が弱くなってからの愛犬には少々食べることが辛くなるかもしれません。

4.【ペルシア】と【モグワン】を対象年齢&犬種で比較!

  ペルシア モグワン
対象年齢 生後6ヶ月〜老犬 オールステージ(全年齢型)
対象犬種 小型犬 全犬種
注意年齢

なし

超高齢犬

硬いので歯が弱い愛犬には不向きと判断

5.【ペルシア】と【モグワン】を食いつきで比較!

食いつき ペルシア モグワン
乾燥時
ふやかし時  

ご注意

食いつき」は、多くの愛犬が食べる確率の高さを意味しています。

絶対にあなたの愛犬が食べるとはお約束できません。

ご理解下さい。

【ペルシア】をおすすめはこんな愛犬!

  • ペルシアの中で主原料を吟味することでアレルギー対策ができる
  • 腸に良いドッグフードをお探し
  • 漢方的な「自然処方」による愛犬の食事サポートに興味のある人
  • グルテンフリー(小麦不使用)のドッグフードを探している人
  • 消化に優しい食事を探している
  • 新鮮なドッグフードをお探し
  • 無添加、無香料のドッグフードを探している

 

\考案「フードローテーション」/ペルシア【公式サイト】はこちら

 

【モグワン】をおすすめはこんな愛犬!

  • チキンにアレルギーが無い
  • しっかり栄養を与えたい成長期や活動期の愛犬
  • 消化に優しい食事を探している愛犬
  • 腹持ちの良いドッグフードを探している
  • 無添加、無香料のドッグフードを探している
  • 実績のあるドッグフードを探している

 

\累計販売総数350万袋達成!/モグワンの公式サイトはこちら

 

【ペルシア】と【モグワン】を5つの項目で比較! まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のプレミアム・ドッグフード【ペルシア】と【モグワン】の違いを5つご紹介してきました。

【ペルシア】と【モグワン】を棲み分けるのは「小型犬特化型」と「全犬種オールサイズ型」と言えるでしょう。

匂いに対する愛犬の嗜好はそれぞれ異なります。

ペルシアの方がモグワンよりもガッツリ食べる愛犬もいるでしょう。

モグワンの方がペルシアよりもガッツリ食べる愛犬もいるでしょう。

優劣を付けるのではなく、愛犬のために選択を残すお考えが良いでしょう。

【ペルシア】は、かなり消化が良いので老犬への負担は軽減されることが期待できます。また、1回ずつの食事をしっかり消化されるので、きちんと「空腹感」を愛犬が感じることができるでしょう。

この感覚は、毎回の食事を確実に食べてくれる可能性が高いことを意味しています。

飼い主にとって、とても安心できる嬉しい愛犬の反応です。

対して、【モグワン】は、栄養も十分にあり、腹持ちも良いドッグフードなので「腹八分目」を厳守して愛犬に日々与えるならばかなりおすすめのドッグフードです。

ダックスフンドやパグ、フレブルなどの食欲旺盛の犬種の食事を制限したい時などは大きな役割を期待できます。

【ペルシア】と【モグワン】は結構比較して検討する方も多いのですが、じつは【カナガン】と【モグワン】で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「【カナガンドッグフード チキン】と【モグワン】を5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

プレミアムドッグフードのモグワンとペルシアを比較してそれぞれの特徴を解説しています。
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!